楽譜&スコア|ピアノ オーケストラ クラシック

ホーム > ラフマニノフ

ラフマニノフ ラフマニノフ

ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番 作品18(2台ピアノ用) 矢代秋雄 編・注解 解説付 (Zen‐on piano library)4111605621

ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番 作品18(2台ピアノ用)  矢代秋雄 編・注解 解説付 (Zen‐on piano library)



丁寧に仕上がっている一冊
ラフマニノフの曲は非常に甘美で叙情的なものが多くこの曲に関しても現代的な和音構成でありながら聞くごとに深みを感じさせる曲です。冒頭の解説は丁寧でラフマニノフの生涯に関しても知ることができます。楽譜に関しては、込み入ってはないものの、ラフマニノフが書いた譜がそのまま組んであります。によって作曲者自身の意向を反映しており、楽譜は最初の解説がないと理解しにくくなっています。逆に言うと、ラフマニノフの自由な発想や演奏家としての活動を垣間見ることができます。例えば第一楽章冒頭の重低音がいくらか続いた後の速いパッセージの所など、楽譜が表している速度と実際の速度は異なっています。なぜかは実際に買って解説をよむと理解できますが…。こうした意味においてラフマニノフを知るには欠かせない一冊となることでしょう。ただ第二楽章初めの緩やかなピアノ演奏からも分かりますが、オーケストレーションとピアノ演奏が素晴らしいマッチを遂げているゆえに、一人でピアノパートだけを弾いていても臨場感がないところが少し残念です。


作曲家別:管弦楽 スコア 合唱

曲目別スコア&CD特集

当サイトについて

当サイトについてと免責事項
  • 楽譜&スコア|ピアノ オーケストラ クラシックは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。